イギリス篇

【エディンバラ】iPhoneは盗まれた。しかし心は凪である

更新日:

 

【エディンバラ】宿であの大切なアイテムが盗まれた!

  さて今回はロストしてない週の方が少ないぐらいのアイテムロスト記事! Apple pencilをロストして発見しパスポートをロストしては発見した我が幸運もここまでか! ぐぎぎ、旅立って1ヶ ...

続きを見る

前回の記事でiPhone6をロストしたわけですが心は荒れていないのである。
その理由は遅かれ早かれこういうことは起きるだろうと想定して無くなった後の対策していた事と、自分の為に周りが親身になってくれたこということが大きい。

想定して事後の対策をしていた

こう書くと大げさですが、要は予備の携帯端末を持ってきていたおかげでほんの少し不便になっただけで済んだということですね。
とういうかそういう対策をしていたなら最初から取られる前の対策をしろよということなのですがそれはそれでまた難しい。
ただこれが超絶大切なアイテムiPadを盗まれていたのであれば仕事道具が無なりバックアップをとっていない写真やその他諸々が無くなるので闇落ちし、この世の全てを呪っていた事でしょう…
今後それが起こりうる事だと考えただけでもゾッとします。そうなった場合仕方ないので大金をはたいて買うでしょうね。
冒険を初めて1ヶ月半、旅していることにも慣れてきて気が緩んできていたのかもしれません。
今までは自分のミスによるアイテムロストでしたが今回は盗賊による悪意のアイテムロストだったので、こういうことも往往にしてあるんだと気を引きしめ直します。

超絶大切なアイテムiPadだけは何としてでも守る!!

周りの人が親身になってくれた

これが気持ち的にかなり大きかったです。
iPhoneを盗まれフロントに言いに行く時やフロントに言ったあとも他の宿泊者の人たちがこうしたほうがいい、ああしたほうがいいと話し合っていてくれました。ジンさんは警察署までついて来てくれて英語ができない僕を助けてくれましたし。
そして盗んだ女性の宿泊費を払いをこの宿に泊まらせてあげていたおばあさんのレイスはとても後悔して悲しんでいました。
僕自身はそこまで気にしていないのに、僕とジンさんに何度も謝り携帯代を払うとまで言ってくれたり、明日1日中古の携帯ショップを周って探すと言ってくれました。
67歳のホームレスの方にそこまでしてもらうのはあまりに申し訳ないですし、自分の不注意が招いた結果で気にしても仕方ないことなのでので断りました。(ちなみにジンさんはポケットを探られただけで被害なし)

ジンさんもレイスが落ち込んでいるのは悲しいと言っていて、彼がエディンバラの宿に泊まる日はこの日が最後だったのでこのままエディンバラを去るのは悲しいからと、一緒にポリスステーションに行って盗難届を出した帰りにアジアンスーパーに寄ってキムチなどを買ってチヂミを作って三人で食べようということになりました。
宿に帰ってジンさんと一緒にチヂミを作ったり三人で話しながら食べたのはとても楽しかったです。
その時もレイスはビールを買って来るから何か好きな種類はある?と買いに行こうとしてくれジンさんが冗談で僕らはとても高いウィスキーしか飲まないよ、ただのチョコレートでいいと言って制していました。

夜ご飯を食べた後、部屋は別であまり面識はなかった韓国から来た24歳の男性とジンさんの三人でパブに行くことにしました。
三人で韓国の食べ物や日本との文化の違い、漫画の話などお酒を飲みながら色々な話をしました。

スコットランドといえば何と言ってもスコッチウィスキー!
ジンさんは韓国にいた時バーテンダーをしていたこともあってお酒に詳しくウィスキーの飲み方を教えてくれました。
日本ではコーラと割って飲んだりしますがスコットランドでは絶対にない飲み方らしいです。
おちょこより少し大きいサイズのグラスに100ℓくらいで出てくるので
グラスを回わして香りを楽しむ。(嗅ぐ時に口を開けることで匂いを強く感じられるそう)
口に含んで味と匂いを感じる。だそうです。

僕ともう1人の韓国の方が飲んだのは甘い香りのウィスキーで蜂蜜のような香りでしたが、アルコール度数が40度と高く、喉を通す時うぇっとなりそうでした。
ジンさんは60度のウィスキーを飲んでいて1口もらいましたが唇に触れたとたんに痺れるようなウィスキーでよくこんな物飲めるな…と思いました。
ビール2杯、ウィスキー1杯を奢ってもらいました。ラッキー
ちなみに韓国の人は日本人より大食漢で大酒飲みのようです。

12時になったので店が閉まるということで宿に帰るとベットの上に二本のビールと二つのチョコレートが置いてありました。
どうやらレイスが買って置いていてくれたようで、ジンさんは
あれだけいらないって言ったのに、冗談で言ったチョコレートを買って来るなんて、優しすぎるよ…。これは彼女の気持ちが詰まったものだから食べられない、どうしたらいいかわからない
とすごく複雑で悲しそうでした。キッチンで30分くらい話し彼女のためにビールは飲もうということになりビールだけ飲んでチョコは食べずに就寝しました。
レイスはその夜は帰ってきませんでした。

次の日ジンさんは昼くらいに出る予定と言っていましたが彼女に別れの挨拶してから出たいとロビーで17時頃まで待っていましたがレイスは帰って来なかったので結局会えずに旅立って行ってしまいました。
レイスはそのあと19時ごろ帰ってきたのでビールありがとうジンはは長い間待っていたのにどうして帰って来なかったの?と伝えると何か言っていましたが肝心のところで英語レベルが足りなく意味がわからず!!
責めても仕方ないのでそれ以上は聞きませんでした。(我が読解力ではきつそうだし)

と、この日は盗難から始まり色々事があった日でした。

正直その場の気持ち次第では取られたことによる怒りから盗賊を呼び込んでしまったレイスやこの街が嫌いになってしまっていたかもしれませんが上記の理由からまあ仕方ないとポジティブに考えています。
この状態の僕を見てジンさんは「何でそんなに落ち着いていられるの?僕なら怒って全て壊すよ」と言っていたりレイスは「なんて大人のこころのもちぬしなんじゃろう…」と驚いていました。

Rii2レベルが34に上がった!
スキル:マイマインドコントロール術(小)を覚えた!
ウィスキー飲み方を覚えた。
アイテム防衛心が3上がった
ジンを仲間にした。


ジンを仲間にした!

名前:ジン
職業:冒険者
攻撃スキル:トランスレーション
一年以上冒険を続けている冒険者。数々の国を旅して、戦争状態のクリミアで軍にライフルを向けられたこともある。

 

良ければ1日1clickクリックお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

SNSシェア

-イギリス篇

Copyright© RPG TRAVEL , 2017 All Rights Reserved.