イギリス篇

【コツウォルズまで】困難到来!!パスポートをロストした!そして…

更新日:

オックスフォードに来て5日、旅に出てもうすぐ1ヶ月が経とうというこの日、大切なアイテム【パスポート】をロストしてしまったのだ。

ことの始まりは前日。
前日、前々日は1日中家にいたので、この日はデバフ:風邪状態もだいぶ治っていたのでオックスフォード大学までバスで行きアシュモレン博物館を観て、周辺を探索していました。
そして夜になり、スーパーで食品を買ってバスに乗り帰宅。
自室で今後の予定を組んでバスを予約しようとパスポートとカードの入っている大切なもの入れを探すも無い。
こ、これはまさかと思いつつもカバン、部屋を一から探してみるも無い。

…Rii2は『パスポート』をロストした。

なんてこった。普段は首からかけ肌身離さず携帯しているアイテム。この日に限ってカバンに入れていたのだ…。

MISSYONN パスポートを探せ
…スーパーで食材を買うときに出したのは覚えている。
ということはスーパー、バスのどちらかしか無い!と思いまずはスーパーに電話。しかしコールセンターの営業時間外で通じず!
続いてバス会社。幸い乗車したバスの会社と時間は分かりバスのレシートを持っていたので調べれば連絡できそう。

ここでこの家のホストマルタさんの協力を仰ぐことに。
たぶんパスポートをバスに忘れたみたいなんだけどどこに電話すればいい?と聞くとそこから30分くらい旦那さんと2人で
カードは暗証番号を入力するタイプ?やスーパーの場所はどこ?など親身に話を聞いてくれました。
結果、旦那さんが翌朝バス会社に電話して聞いてくれることに、さらにオックスフォード大学の近くで働いているそうなのでスーパーにも確認しに行ってくれることになりました。

Rii2
こんなこともあろうかと、マルタさんはお茶を飲むのが好きみたいなので日本から持って行ったアイテム『お茶のパック』をプレゼントして友好度を上げておいて良かった!友好度が10以下だったらこの協力は得られていなかったな

その日はそれで就寝。
夢でパスポートを見つけては、「は、夢か…」と起きるという悪夢を5回くらい繰り返しました。
次の日の朝、メールはまだかと心待ちにしているとマルタさんから

「旦那がバス会社に電話して聞いたけど無かったみたい。このあとスーパーに確認しにいくからまたメールする」
という連絡が。

これはもう望み薄。
警察署行く準備するか…

ここで異世界(海外)でパスポートを無くしたらどうすればいいのかを解説。

Rii2

1.まず無くした現地のpolice stationにGO!

2.いつ、どこで無くしたかや滞在先の住所などを伝え『ポリスレポート』というアイテムをゲットする。

3.日本の親や知り合いに連絡して『戸籍謄本』をとってもらいFAXで送ってもらいゲットする。
(知り合いにとってもらうには委託書が必要になるらしい)

4.『ポリスレポート』『戸籍謄本』(^O^)『証明写真』『お金』の4点を持って日本大使館or日本総領事館にGO!
日本大使館はその国の首都にあり、総領事館はある程度大きな都市にある

お金は日本でパスポートを作るときと同じ金額が現地通貨で必要。日本円、クレジットカードは使えません。

5.最短で半日、土日は休みなので土日を挟むとさらに時間がかかります。
その間ホテルに泊まり現地の住所が必要。
*海外保険に入っていれば再発行代、宿泊費なども領収書を提出すれば帰ってくる。

書類さえ集めれば意外と簡単に再発行してもらえる。日本大使館は日本語でOKなのも心強い(以前イスタンブールぼったくり事件で経験済み)

そうこうしている間にマルタさんんから

「スーパーに確認してみたけど無かったみたい。探してなければ警察署に行って」
という連絡が届く。

…やはりか、諦めよう。
幸いパスポートは12月以降には更新する予定だったものだし、現金もそんなに入っていなかったし、
痛いのはメインで使ってったカードだけど分散して持っていたからまだ旅は続けられる。
その後、スーパーに行き再度確認するも無いので昨日来た道を探しながら警察署に。

MISSYONN ポリスレポートをゲットせよ
緊張しながらも警察署に入り「パスポートを無くしたのでポリスレポートをください」と伝えると
パスポートのコピーはありますか?と聞かれ、こんな事もあろうかとコピーして日本から持ってきていたものを提出。
無くした場所や時間、滞在中の住所、この国にはいつ入国したか、入国目的は?などを聞かれ、ではちょっと待っててくださいと奥に引っ込んでいったので
お、これは意外と簡単に『ポリスレポート』ゲットできそうだぞとホッとして
しばらくすると…

出てきた警官の手には昨日無くしたパスポートと大切なもの入れが!
なんとその日の朝、親切な人が届けてくれたらしい!助かったー!!
しかも現金もカードもそのまま!なんなら入っていた40£の現金なら持って行ってくれてもいいくらいに感謝
名前と日本の住所、サインを描いて受け取り手続きも終了。

旅を始めてからこのかた無くしたと思ったら出てくるという幸運に恵まれているようだ!頼む!一生続いてくれこの幸運!
今回はハウスホストのマルタさんの力を借りれたのは大きかった。電話、確認と一通りのことはやってくれ警察署の場所も調べてくれたのだ。(最初行こうとしていた警察署は大学近辺から離れた違う場所だった)
これを1人でクリアしようと思ったら無理だったかも。

Rii2はレベルが5上がった!
コミュ力が3上がった!
英語力が0.5上がった!

対応力が5上がった!バフ 『幸運?』が付与された!

良ければ1日1clickクリックお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

SNSシェア

-イギリス篇

Copyright© RPG TRAVEL , 2017 All Rights Reserved.