イギリス篇

【ロンドン】ロンドンの宿紹介。概ね満点

投稿日:2018年1月7日 更新日:

今回はロンドン滞在中に泊まる二件目の宿を紹介します。
前回の宿がこちら

【お役立ち情報】ホステル予約アプリを紹介&宿紹介

  さて今回は最近あまりあげてなかった宿紹介記事です。 というのも、最近は旅を始めたの頃とくらべボロ宿に泊まることが今のところはなくなったので宿について特筆することがなかったのと3日くらいの ...

Smart Russell Square Hostel

https://goo.gl/maps/sNff4RMkWkJ2

住所:71-, 72 Guilford St, Bloomsbury, London WC1N 1DF, 
滞在日数:14泊(1月2~15)
金額:25629円(一泊約1700円)

今回の宿はホステルワールドというアプリで予約しました。
最近気がついたのですが同じ宿でもアゴダ、ブッキングドットコム、ホステルワールドを比較すると若干ホステルワールドの方が安いようです。
前回の宿は都心といえど主要な施設があるところまで40分ほど歩かないといけなかったのですが今回の宿は30分ほどでいけるうえ、大英美術館までは歩いて15分という立地の良さです。

建物が連なっているので外観はあまり目立たない。
ロビーはこじんまりしていて小さいですが中に入ってみると結構な大きさの施設で4階までありました。
部屋はカードキーで開けるシステムでチェックインの時デポジットとして10£払いました。(チェックアウトの時に返金してもらえる)

部屋は3段ベットで9人部屋。
三段ベットの部屋に泊まるのは初めてだったので高さに驚きました、ベットは空いてるところを自分で選べるので一番下を選びました。

メモ

宿で2段や3段ベットで場所を選ぶ際に基本的に一番下のベットを選んでいます。
理由は単順で結局のところ一番下が便利だからです。ベットの下にスペースがあればカバンや着替え下に入れられますし、下にスペースがなくてもベットに立てかけて置いておくことができます。
あと上にベットがあり秘密基地感がある

普段は持っているロープを張って洗濯バサミとバスタオルでカーテンを自分で作っていますがベットに遮光カーテンが付いているのはいいポイントですね、カーテンを閉めれば四方向が囲まれて落ち着く。
部屋自体はあまり広くないですが洗面台が付いているのもいい。
前回の宿では部屋に窓を開けてもあまり空気が循環しなかったので匂いがこもっていましたがここの部屋は2階ということもあり風通しよく快適。

 

一階には大きな食堂があり宿泊者が使えるキッチンも完備。
前回の宿はキッチンが使えず困ったのでこの点はよかった。コネクトゲートオブワールド(Wi-Fi)も宿の中ならどこでも使えるので良い

シャワールームに難あり

概ね満足なのですがシャワールームに欠点があります。トイレとシャワールームが一緒になっているのですが
シャワールームに脱衣場がないので着替えを置いておく場所がなく袋を持って行って
元はシャワールームにバスカーテンが付いていて仕切れたようなのですがどのシャワールームもないので不便です。
そして威力調整と温度調整が一緒になっているという謎仕様。
熱いお湯を浴びたければシャワーの勢いを最大にしないといけないの

ブログ村に参加してます。1日1Clickお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

SNSシェア

-イギリス篇

Copyright© RPG TRAVEL , 2018 All Rights Reserved.