お役立ち情報 イギリス篇

【ベルファスト】いざ七王国へ、ゲームオブスローンズバスツアーに参加しました!

投稿日:

今回はベルファストに滞在2日目に行った北アイルランドのゲームオブスローンズのロケ地をめぐるバスツアーに参加してきた模様をレポートします。

 

ゲームオブスローンズとは?

ゲームオブスローンズとはアメリカの制作会社HBOが制作している海外ドラマシリーズです。
七王国という巨大なファンタジー大陸の王権を巡って登場人物達が命をかけた戦いを繰り広げる長編ドラマ。
イギリスではハリーポッタ以来の大ブレイクでかなりの人気があるようです。
現在シーズン7まで放送されており、次回のシーズン8で完結する。

戦闘シーンというよりも人間関係などがメインですが、ドラゴン出るわ巨大な狼出るわ、多少の魔法はあるわ
といったファンタジー好きはとにかく見て欲しいそんな作品です!今ならアマゾンプライムでシーズン6まで見放題らしいので是非見て欲しい!めちゃくちゃに長いけどもうゴールも見えてるし海外ドラマを見てしまうと終わりがないから見ないと決めていた僕でも見てしまったほどに面白いので。

 

 

僕がこの作品を知ったのは一昨年
会社の先輩に借りてハマってしまい、それからはシーズン5をゲオにレンタル開始当日に借りに行って食料を買って次の日は1日外出せずにぶっ続けで見るほどでした。

北アイルランドにロケ地があるのは知っていたのですがベルファストに来るまで特にツアーに参加しようとは思っていませんでした。
最初は個人でバスを使ってザ・ダーク・ヘッジという場所一箇所だけ行こうと思っていました。ところがリバプールにいる時にブッキング.コムで宿を予約した後にブッキングコムからベルファストのツアーやアクティビティで使えるクーポンが送られてきて、そこにゲームオブスローンズバスツアーが含まれていたので行くことにしました。

僕が今までツアーを使うのがあまり好きじゃなかったのが滞在時間が極端に短いのとツアー代が高いというのがあったのですが今回のツアーは元が25£と安く、ブッキングコムのクーポンを使うと5£offの20£と安いので参加しました。

予約もチケットショップに行き、これに参加したいんだけどと画面を見せ、日を決めQRコードを提示してブッキングコムに登録しているクレジットカードから支払ったのでその場での支払いもなく驚くほどスムーズに支払えました。

記事中

ゲームオブスローンズツアー内容

話の大筋には関係ありませんが若干のネタバレが含まれますのでまだ見てない方は上のバーナーからして是非見てください!

10:00

9:45分にチケットショップに行きチェックインを済ませ近くに留まっていたバスにの出発。

道中はガイドの女性の方が通り過ぎていく場所の説明や、撮影当初俳優の方がこんなことをしたそうですというような裏話を話してくれていましたが英語力の弱い僕には5割くらいわかりませんでした。
なとなく理解した内容はジョンスノー(キット・ハリソン)がべファストに滞在中の話やアリアスターク(メイジー・ウィリアムス)がボランティアスタッフに神対応したというエピソードでした。

さすがアリア!!俺の推し!ええ子や〜

俺の推し!

僕はゲームオブスローンズの中ではアリアスタークを推しています。
最初は違うキャラを推していたのですがあの世界の人はバッタバッタと死んでいくので子供であるブランか、アリアは流石に死なないだろうという予想をたて、活発でかわいいアリア推しになりました。色々あって最新シーズンではすっかり大人になってあまり笑わなくなってしまいましたが

 

10:30

最初の降車地に到着。
最初の降車地はシーズン6でアリアが滅多刺しされて逃げるシーン。

 

バスの中でそのシーンの動画が入ったiPadを渡されて見たのですが逃げてー!!アリアー!!と思いながら見ました。
推しがザクザク刺されていたそうなシーンはしんどかったです…

 

ここがアリアが川から這い上がるシーンの場所。アリアはあんなしんどい状況でここを這い上がったのか!かわいそうに…

降車地にはゲームオブスローンズで使われたよという看板が立っていました。
滞在時間は10分で次の目的地に。

11:25

次の目的地に到着。
ここはシーズン2でのブラックウォーターの戦いで赤の女祭祀メリサンドルが影の赤ちゃんを産んだ洞窟。

 

ここあであのメリサンドラがあれを産んだのか…と思いながら写真を撮りましたが、洞窟の壁がコンクリートで意思を固めたような感じで不思議な感じでした。
洞窟ってこうなのかな?もっと岩盤のイメージでした。

こちらは20分ほどの滞在でした。

12:05

次の目的地に到着
ここはシーズン2でタースのブライエニーが初登場して花の騎士を破るシーンに使われた海沿いの広場。

ブライエニーもいいキャラしてますよねー、忠誠心と不器用な感じが好きですねー。

場所的にはなんでもない広場といった感じでしたが切り立った岸壁と壁の岩など見所沢山でした。

ここはその広場以外のも観光地として有名なキャリック・ア・リードという橋があるのです有料だったので渡りませんでした。
景色はものすごい!の一言

ここの滞在時間は1時間とわりとたっぷり時間が有りました。

13:50

次の目的地に到着
ここはゲームオブスローンズとは関係ないのですが北アイルランドにきたなら絶対抑えておかないといけないというほど有名な観光地

ジャイアントコーズウェイ

 

伝説メモ

かつてスコットランドの巨人とアイルランドの巨人が大きさ比べをしようとして海を渡る為にアイルランドの巨人が作ったと言われている六角形の岩が連なるエリア。アイルランドの巨人は道を作っている途中でスコットランドの巨人の大きさに気がつき驚き逃げ帰りますが奥さんのアイディアで赤ちゃんになりすましスコットランドの巨人が『赤ちゃんでこんなに大きなら親の巨人大きすぎじゃん!!怖っ!帰るわ!』というような感じの話

岩の結晶の種類的にこのような形になるのでしょうが周りには普通の岩もたくさんあったので不思議でした。
ここでは2時間の滞在でたっぷり見て周れました。見る場所もそんなに広くなかったです。

16:00

次の目的地
ダンルース城へ到着。

ジャイアンツコーズウェイから近く、ここは5分だけ降車して写真をとってすぐ出発。ここに限ったことではありませんが風がすごかったです。

 

16:40

最後の目的地へ
ここで今回大本命のザ・ダーク・ヘッジへ到着。

ここが見たかったからこのツアーに参加したと行っても過言ではない。

 

まず、北アイルランドには10箇所にゲームオブスローンズとコラボした扉があるそうでその中の一つを見ました。
三つ目のカラス!
シーズン5か4のブランパートでブランが見つめのカラスの老人と出会ってシーズンの終わりを飾ったのにもかかわらず次の章で一切触れられないという謎展開でおなじみのあの話w
そして北の王スターク家の狼の紋章!これがかっこいいんですよねー!!
扉のスタンプラリーは全部コレクトしたいと思いました車を持ってないと流石に無理な距離だったので諦めました。

 

ザ・ダーク・ヘッジは素晴らしいの一言!ここはゲームオブスローーンズのロケ地としても有名ですが夕方に幽霊の目撃例が相次ぐ心霊スポットとしても有名です。
ウネウネとした木が連なる光景はまさに映画の中に入ったような感覚でした。映画内では道は土でしたが現実ではコンクリでした。
ここに降りるときにガイドがゲームオブスローンズの衣装?やジョンスノーの剣がるけど使う人いる?と聞いてきまいしたがおばさん1人がジョンスノーの剣を持って行っただけでした。(撮影に邪魔そうだったし)

横の畑には大量のカッコウがいてまさにと感じでした。

15:30

ベルファスト到着。

まとめ
と、このようなツアーでした。ゲームオブスローンズ尽くしではなくジャイアントコーズウェイなどの他の観光地を見て周れたのは個人的にはちょうどいいなと感じました。また、このツアーは毎日行なっているそうなのでいつ行っても参加できるのはいいですね。
やはり車を持っていない個人では移動できるところに限界があり、北アイルランドの田舎となるとアクセス

 

ブログ村に参加してます。1日1Clickお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

SNSシェア

-お役立ち情報, イギリス篇

Copyright© RPG TRAVEL , 2018 All Rights Reserved.