お役立ち情報 イギリス篇

【お役立ち】ブリテン北の大地スコットランドを紹介

投稿日:

 

今回はスコットランドの紹介です!
日本ではイングランドの方が有名ですがスコットランドは自然と独特の食べ物などイングランドと比べると大きく違う国でした。
滞在期間は約2ヶ月ほどで、
首都エディンバラ、ポートリー(スカイ島)、インヴァネス、グラスゴー
という四つの町を巡りました。

スコットランドはどんなところ?

ブリテン島の北部に位置する国、ケルト人のスコット民族が作った国です。
国としてはイギリスに属していましが行政などは独立しており、首都エディンバラに議事堂があります。
近年EUからの離脱問題や英国から分離し、独立すかもと政治的にも揺れているようです。
そしてなんと言っても自然豊かな国。広大な土地と高い樹木が一切ない独特の山岳や荒々しい海岸線など魅力がたくさんあります。

イングランドといえばこのイメージを思い浮かべる方も多いでしょう。
日本でも馴染み深いのタータンチェク柄や国民楽器バグパイプ発祥の国です。
タータンチェック柄は元はキルトという民族衣装からきています。キルトはスコットランド紳士のフォーマルな場所で着るスーツの様な意味合いのある衣装なのですが、日本人からしたら女装にしか見えないという衣装…w
筋骨隆々な腕にタトゥーがゴリゴリに入った屈強なおじさんがキルトを着て歩いている様を見たときはなんともいえない感情になりました…

スコットランドウェザー

スコットランドの特徴でまず紹介したいのが天気。
イギリスは日本と比べて雨の多い日が多いとは聞いていたのですが
イングランド(ブリテン島南部)は曇りの日は多い印象のもののそんなに雨が多いなという印象はありませんでした。
ところがスコットランドの天気はとにかく雨が多い!
特に北部のハイランドの天気はコロコロ変わって大変でした、標高自体は高くないようなのですが山の天気を想像してもらうとわかりやすいです。晴れたり曇ったりが30分おきに変わりました、なので虹に何度も遭遇
はじめて見たときに驚いているとタクシーの運転手が「毎日見ている」と言っていました。

エディンバラでも雨の日が多く、週にもよりますが体感的には一週間のうち雨が降らない日は2日もないんじゃないかというほどでした。宿の受付に今日も雨だから残念だと伝えると「これがスコットランドの天気さ、いい天気だろ?ハハハ」と言っていました。

そして、グラスゴーに行った美術館で上手い!と思って写真を撮った絵も説明の欄にこの絵はスコットランドウェザーの象徴的な絵ですと描いてありました。このようにスコットランドの人は古くからこの気候で育ち作品にも大きく影響よう及ぼしたんだなと感動しました。

スコットランド人の特徴

上にもあげたようにスコットランドの人はこの天気が好きで誇りを持っているようで、愛国心が高いと思いました。
また、ブリテン王国に来るまで知らなかったことなのですが、北アイルランドを含めたイギリスの5ヶ国同士はどこもそんなに仲が良くない様です。
スコットランドの人が「イングランド人は紅茶ばっか飲んでんだぜハハハ」とバカにしていました。
スコットランド人曰くスコットランド人は口が悪いらしい(人によると思いますが)その人はすぐFuckFuckin〜と言っていました。
エディンバラの夜の街のパブが立ち並ぶ通りでもFuckが飛び交っていたのであながち間違いではないかもと思いまいた。
スコットランドといえはバイキングが上陸した土地、バイキングの血を引き、血気盛んの人が多いのかもしれません。
これはイギリス全体でも言えることかもしれませんがとにもかくにもサッカー&ラグビー狂い。
国民全員が好きなんじゃないかというくらい熱狂的に応援しています。サッカーの日は特設ステージの様な場所でビール片手に大画面を見ながら沢山の人が応援していました。


スコッチウィスキー

僕は1度しか飲みませんでしたがスコットランドはウィスキーの蒸留所が沢山ありウィスキーで有名な国です。
日本でもスコッチウィスキーという単語は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
スカイ島にある蒸留所が作っているタスカリーというウィスキーを飲みたい飲みたいと思っていたのですが結局飲めずじまいで後悔。

 

食文化

羊が多い国でもあるスコットランドは羊料理が豊富
中でもスコットランドの代表的な国の食べ物がハギス。
羊の内臓を胃袋に詰めて茹でた物で、ソーセージのような調理方法なのですが食べる際はスプーンで掬って食べるようなボロボロとした感じの食べ物です。画像検索で丸のままを見ると見た目がかなりグロいですが味は問題なく美味しいなと感じました。
スーパーで売られているものは綺麗に円柱状にカットされているので見た目も大丈夫でした。
そのほかにも似たようなものでブラックプディングというものなどがあります。

まとめ

最後にゲーム脳的豆知識
ファンタジーゲームでクレイモアという剣の名前を耳にしたことはありませんか?実はその剣スコットランド発祥の剣なんです。
両手で持つ大剣で、クレイモアの語源はスコットランド・ゲール語の「大きな剣」を意味する"claidheamhからきているそうです。
両手もちの大剣としては小ぶりで機動力に優れ、14世紀から17世紀にかけてスコットランド人がイングランドとの戦争などに用いたそうです。エディンバラのナショナルスコティッシュミュージアムには沢山展示してありました。
ファンタジーの源流の息吹がこんなところにもありました。

とこのような自然豊かで美しい街並みが残るスコットランドでした。
中でもエディンバラは今のところ僕の行って良かった街No. 1に輝いたので是非訪れてほしい街です。

-お役立ち情報, イギリス篇

Copyright© RPG TRAVEL , 2018 All Rights Reserved.