イギリス篇

【スカイアイランド】観光名所じゃなくても良い

投稿日:

 

前回の記事でクラインに挑戦して帰ってきました。

スカイアイランド3日目。

この日も朝は快晴、スコットランドの天気は変わりやすく朝が晴れていたからといって1日ずっと晴れるということの方が少ないですがそれでも気分はいい。宿から見えるスガー・ナン・ギリアン山には雲がかかっていました。

前日パーティを組んだコウとファンさんはこの日の朝でスカイアイランドを離れインバネス行くとの事だったのでバス停まで見送りました。
2人の旅のプランはスカイ→インバネス →エディンバラというプランで僕の帰り道を1日先に行くような旅程でした。
その為インバネスで偶然ばったり遭遇しました。



コウを仲間にした!名前:コウ ファン

職業:学生
スキル:トランスレーション、プランニング
大学院卒業間近で母親と旅行中。来年の9月からは現実世界(日本)のコンサルタントカンパニーで働くそうだ。

この日の夜はちゃんと宿を取っているので気持ちにも余裕がある。
前日、大冒険をしたのでこの日は時間をかけて観光地に行く事はせず、近場を歩いて早めに宿に帰ってゆっくりしようと思っていました。10前に出発、初日東側の道を行って魔の山に向かったのでこの日は西側の道を行って見ることにしました。

 

西側の道はしばらくは住宅街が続いていたので途中から街の裏に出て舗装されていないあぜ道のような場所を歩いていました。
毎度のことながら、僕は観光客があまり歩かない道を歩くのが好きなんですよね。
ここにきた観光客はそう多くはないぞ…と思いながら歩くのは楽しい。

 

歩いているとびっくりするぐらい雰囲気のある一軒家に遭遇。これがあるからやめれないんですよ。
さらに進むとまた一軒家がありそこでこの道は行き止まりだったので来た道を引き返ました。
別の分岐路にいくと初日に歩いた西側の道に出てしまったので、そういえば岬に行きたかったのに結局いけなかったなと思いまだ行っていなかった道を進むと岬に続く道を発見!

 

公園の上に続く細い道があったのでの乗って行くと岬にでました。
まさに絶景。

 

街からは崖で見えなかった裏には羊を放牧している牧草地帯がありました。その向こうにはまた崖があります。
現実世界(日本)では見ることのない景色に終始興奮していました。
途中スコールが降ってきたり、そのスコールが去った後に虹が見れたりと目まぐるしくイベントがあり、またもや靴がビショビショになったのでそろそろ帰るかと思い公園まで下ると、海に続く道を発見したので悩みましたがこの先の光景を見ないで帰るのは冒険者の名折れだと思い行くことにしました。

この道は岬の海岸線を横目に続いている細い道で先ほど上から見ていた牧草地帯に続いてました。

牧草地帯を横切り崖の麓まできたところで帰ることに。
帰り道も来た道を帰らず迷いながら帰ったのですが長くなるので割愛。

まだ明るいうちに宿に戻れ、この後は宿で仕事やブログを書いて過ごしていました。
早めに帰る予定だったのですが結局なんだかんだでトータル7時間くらい探索していました。

夜飯時になったので折角スカイアイランドまで来たのに冷凍食品とパンしか食べてない、最終日だし今日は贅沢しても良いだろう、海鮮料理とタスカリーを飲もう!と思い立って雨の中、評価の高いレストランに行ったのですが定休日だったのか、冬季だからなのか閉まっていたので雨に濡れながら宿に戻り結局冷凍食品を食べました…。

Rii2レベルが46に上がった!
スキル:ヒッチハイクの心得を覚えた。
探索力が10上がった。

危機管理能力が5上がった。
素早さが2上がった。

 

これにてスカイアイランド編はほぼ終わり。次の日は朝からグラスゴーに向かいます。
次回はスカイアイランドからグラスゴーまでの道とグラスゴーをさらっと紹介してエディンバラまで戻ります。
遠征の終わりにまさかあんなことが起こるとは…

-イギリス篇

Copyright© RPG TRAVEL , 2017 All Rights Reserved.